ひじョ~。

 いつものバス停にて――


「今年はハンバ~ガ~が割と話題よね~チ~チ~ダブチもう次郎系ラ~メンみたいな呪文よね~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、チ~ズとパティが大量に挟まれたハンバ~ガ~の画像を見ながら、


「変わった物では鹿肉を使ったジビエバ~ガ~とかもあるし……とりあえず全部一回は食べみようかしら?」

 鹿肉バ~ガ~と聞いて角の生えた坊主のゆるキャラを想像しながら、


「牛丼も新しバリエ~ションでないかしら?」

 月夜がそんな事を言っている隣では、


「27マン3000mAhのヒジョ~ヨ~でんげんっ!?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「さいきんサイガイお~いモンね! もしこのあたりがテ~デンしてゲ~ムが2,3ニチできなくなったらイブキさんしんじゃうよ。そんなときにコレがあったらゲ~ムやりほ~だい! ゲ~ムよ~デンゲンはライフラインだもんね」

生命活動に支障のないライフラインを言う。


「なにいってんのよっ! 貴重な電気をゲ~ムなんかに使うワケないじゃない」


「え~!」


「ゲ~ムよりも牛丼よっ! 真空パックの牛丼をレンチンしたりするのに使うのよ!」


「ミズとかじゃないの?」


「水なんて甘えよ! 肉汁さえあれば人間は生きていけるんだから!」

 極限状態でも欲望に忠実な二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます