ずレ。

 いつものバス停にて――


「カレ~の福袋ね~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、有名カレ~チェ~ン店のお得な情報を見ながら、


「銀だこも商品券が値段以上はいった福袋やるのよね~……あ~あ……どっかで牛一頭まるまる福袋とかやんないかしらね~」

 月夜が服のように赤い紙の袋を胴体に巻かれた牛が「も~も~」鳴いてる姿をイメ~ジしながら、


「来年はイノシシだし、イノシシでもいいわね~」

 同じように胴体に赤い福袋の紙を巻かれたイノシシをイメ~ジしている月夜の隣では、


「ゲンダイのコドモはシリョクがさがってるっ!?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ふ~みゅ……スマホやゲ~ムにシュ~チュ~したり、ブル~ライトのエイキョ~……まいかいこ~ゆ~のでヤリダマにあがんのゲ~ムとスマホだよね~。ブル~ライトなんてアメリカのケンキュ~でジンタイにムガイってでたのにまだいってんのか~。スマホやゲ~ムよりもベンキョ~のせ~でさがってるとはぜったいいわないモンね!」


「でも、スマホやゲ~ムのない時代よりも下がってるのなら、少なからず影響あるんじゃないの?」


「イブキさんスマホもゲ~ムもやりまくりだけどリョ~メとも2.0だよ!」

 どうだと言わんばかりに胸の張るイブキ。


「えっ! 2.0ってなに? いま学校でやってる視力検査ってABC判定だよね? 2.0って何点満点中2.0なの?」


「これがジェネレ~ションギャップっ!?」


「なんで同世代から受けてんのよっ!」


「またタイムパラドックスか~」


「アンタが適当に生きてるだけでしょ!!」

 ゲ~ムをやってない時は限りなく省エネで生きてるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます