てぐチ。

 いつものバス停にて――


「ゴロっとした食感が特徴の肉まんかぁ~……」

 月夜がコンビニの新商品を見ながら、そんな声を洩らした。


「オリジナル葱油を加え隠し味に味噌を使った……って、ぜんぜん味がイメ~ジできないわね~」

 商品説明を読みながら、


「豚のバラ肉とモモ肉の合挽肉とタマネギ、クワイを二段階発酵したモッチリとした生地とゴロっとした肉感があじわえるのがウリか~……これはぜひとも食べてみないといけないわねっ!!」

 月夜がそんな事を言っている隣では、


「コ~ミョ~カするサギのテグチっ!」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「コソナなテグチでメ~ワクメ~ルのテグチっ!? ふむふみゅ……キンキュ~ジシンソクホ~にギソ~してメ~ワクメ~ルのサイトにイド~させるアクシツなテグチかぁ~……」

 わかってるのかいないのか深刻な表情でそういうイブキ。


「う~みゅ……これはたしかにヒドイ……ジシンありましたってスマホにとどいたら、チェックしちゃうよね~」


「そ~ね。ウチもダマされたわ」


「ダマされちゃったんだね」

 月夜がひっかかりそ~だな~って思ってたら、やっぱしひっかかってたか~と思うイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます