ぼとむズ。

 いつものバス停にて――


「振る舞いラ~メン祭りか~……」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「一〇月一六日に三三店舗、昼に三三〇杯、夜にも三三〇杯が無料で振舞われるっ!?」

 記事を読みながら、テンションを上げていく月夜。


「替え玉はひとつまで。いいじゃない! やっぱし一人一杯なのかな~? 何杯でもいいならウチだけで一〇〇はいっちゃうねっ!!」

 月夜がそんな事を自信満々に宣言している隣では、


「きみもア~マ~ドトル~パ~になれるアイテムっ!?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「アレだよね? あしにタイヤついててイド~するやつだよね?」

 イブキが肩が赤く染められたロボを思い浮かべながら、


「ふ~みゅ……みたかんじはまえにハヤったロ~ラ~シュ~ズのデンド~クド~しきっぽいなぁ~……ロ~ラ~シュ~ズもアンゼンセ~にモンダイあったけど、こんかいのはダイジョブなのかな~?」

 表示された画像を見ながら、


「でも、これをはいたらイブキさんもレッドショルダ~にっ!」

 イブキは肩を赤くして、ライフルスコ~プのような単眼鏡をつけて疾走する姿を思い浮かべる、


「そんなん履いたら、トラックに轢かれるのがオチじゃない?」

 月夜がそう口を挟んでくる。

 

「そしたら、イセカイテンセ~するモン」

 脳内で気持ちよく疾走してたら横からトラックがでてきて『すこ~ん!』と吹き飛ばされ空の彼方へ消えていく姿になってしまい、そう洩らすイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます