ご~すといめ~じんグ。

 いつものバス停にて――


「ロ~ソンの冷凍ホルモン鍋がおいし~と評判か~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「自宅で加熱するだけで食べられる、お手軽ホルモン鍋。しかもウドン入り……いいわね~」

 冷凍鍋特有のアルミでできた器の画像を見ながら、そんな声を洩らす月夜。


「ボリュ~ムのある豚モツに醤油と唐辛子の味わい……これからの季節にピッタリねっ!」

 月夜はまるでなにかを拒絶するかのように、その画像に食い入る!


「ヒトのメにはオバケをみるチカラがあるっ!?」

 イブキが隣でそんな記事を読んでいた!


「フツ~はカメラでサツエ~するときはとりたいモノのほ~にレンズをむけるんだけど、ソクリョ~ギジュツのせかいではチョクセツカンソクするコトなくサツエ~するホ~ホ~があるかぁ~……」

 ジリジリと月夜のほうににじり寄りながら、


「これをもっとセ~ドのたかいソクリョ~ホ~。たとえばレ~ザ~をあててハネかえってきたトコロをケンチしてサツエ~する。ふむふむカンゼンにリカイしたっ!」

 イブキは本当に理解してるか判別できないが、自信満々の表情で言い切る。


「ね~ね~。月夜、オバケみえるみたいよ~」


「……ないもん」


「お、オバケなんていないモンっ!!」

 イブキのほうを見ずに、そう全否定する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます