ざりがニ。

 いつものバス停にて――


「ビルダ~ズⅡたのしみだな~」

 イブキはゲ~ム系ニュ~スで好きなゲ~ムの情報を見ながら、


「ト~キョ~ゲ~ムショ~でしんジョ~ホ~がぞくぞくコ~カイかぁ~……ファストトラベルがある? ル~ラじゃないのかな? かわきのツボでミズをだしいれしたりできる。ほかにもいろんなキノ~がコ~カイっ!」

 イブキがそんな事に夢中になっている隣では、


「ザリガニ丼っ!?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ん? イケヤ?」

 イブキが家具店の名前を口にする。


「それが牛丼屋なのよ」

 そう言いながら月夜がスマホ画面を見せてくる。


「チュ~ゴク?」


「そそ。中国の吉野家にあるんだって」

 重箱にはいったゴハンの上にから揚げのような物とス~プのような汁物がのった膳の画像を見ながら、


「中国だと今、ザリガニブ~ムなんだってさ~」


「へェ~……あんなんたべんだ~」

 イブキがドロ臭い池や沼にいる姿をイメ~ジしながら、


「中国だとザリガニは小さい伊勢海老やロブスタ~みたいな感じで売り出されてんだって~」


「へェ~……でも、イブキさんあんまりたべたいとおもわないな~」


「そう? ウチは試しに食べてみたいケド……」


「ときどき月夜のたべものへのコ~キシンにはカンシンするよ」

 半ば呆れながら、そういうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます