どっぐぎゅ~どン。

 いつものバス停にて――


「プレ4にキンハ~モデルっ!?」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事に喰いついていた!


「キョ~からよやくかいしかぁ~……そ~いえばプレステミニのハッピョ~もあったよね! まさかプレステでもでるなんて……そしてヒッソリとメガドラミニはエンキになったし……」

 少し残念そうな表情でそう洩らす。


「でも、プレステならゲンエキでカド~してるトコお~そ~だけどね。なにせイチオクダイうれたんだもん! ニホンジンみんなもってるかずだもんね!!」

 イブキがそんな事を言っている隣では、


「い、犬と一緒に食べられる牛丼っ!?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「わ、ワンコと牛丼食べられれるなんて……」

 月夜の脳内でラブラド~ルと『キャキャウフフ』しながら牛丼屋さんで楽しむ姿をイメ~ジする。


「いいじゃない! 衛生的な問題さえクリアしたら最高のサ~ビスよっ!!」

 テ~ブルで牛丼を持ち、下では大型犬が犬用の牛丼を食べる姿をイメ〜ジする。


「五八〇円か〜。でもワンコと一緒ならぜんぜんいいわ!」


「まず、月夜になついてくれるワンコさがさないとね〜」

妄想でテンションを上げる月夜にそう冷や水をぶっかけるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます