たとゥ~。

 いつものバス停にて――


「おぉ! ソシャゲじゃないスイッチでド~ブツのモリがでるっ!?」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事に瞳を輝かせた!


「14カにコ~カイされたPVには『キャンプやダイラント~であそびつかれたみんなが、かえってきたときにやすらげるあたらしいプランをかんがえるだなも!』とタヌキチがはなすトコがド~ガになっているかぁ~……ついにキラ~タイトルぶっこんできたなぁ~……マリオ、ゼルダ、ド~モリさんしゅのジンギきちゃったなぁ~!」

 イブキがそんな事を言いながら興奮している隣では、


「大手ピザチェ~ンのロゴをタトゥ~にすると一〇〇年に渡って毎年一〇〇枚のピザを無料にっ!?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、ピザチェ~ンのイベント記事見ていた。


「タトゥ~と体にいれロシア語でハッシュタグ ドミノピザ永久といれえると向こう一〇〇年の間、毎年一〇〇枚のピザを無料になる権利が与えられる……う~ん……でもタトゥ~かぁ~。シ~ルとかじゃダメなのかな~?」


「え~! 月夜のコトだからイッシュンのまよいもなくいれるとおもった」

 イブキがそう横やりをいれてくる。


「そう簡単に消せないものだから、ウチだって躊躇するわよ」


「へェ~……もしギュ~ドンでも?」


「牛丼のタトゥ~なら一瞬も迷わずにいれるわっ!」

 今日も月夜の牛丼愛は本物だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます