ねこでうごけなイ。

いつものバス停にて――


「ふ〜みゅ……プレステ2のシュ〜リサ〜ビスがおわる……」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「メ〜サクぞろいのプレ2がカド〜しなくなったらケッコ〜まずいよっ! あと60ネンはシュ〜リサ〜ビスつづけてくんなきゃ――もしくはどっかのサイシンきしゅでゴカンきの〜つけてよ」

そんな無茶をいうイブキ。


「ふしぎのダンジョンなのにフィ〜ルドをあるくトルネコ3やヴィ〜ナスブレイブス、アトラスのメガテン、コナミのメタルギア、グラディスⅤ、スクエニはキングダムやフロントミッションⅤ。ほかにもSIREN、かまいたち、うたわれるもの――おもしろいのいっぱい、いっぱいあるのに! まだゲンエキでつかってるオジサンいっぱいいるよっ‼︎」

数々のパッケ〜ジを頭におもい受けべながら、そんな事をいっているイブキの隣では、


「大学の同級生がベンチで寝ていると、腹のうえでネコが寝てしまい授業に行けなくなった話しか〜。これは仕方ないわね〜」

月夜は寝ているネコの画像を見ながら、


「大学で飼ってるネコなんだっ⁉︎ いいな〜ウチにもおこんないかな〜こ〜ゆ〜イベント」


「ひとなつっこいクマでも月夜のちかくじゃねないでしょ」

横からそう口を挟んでくるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます