すまほあぷリ。

 いつものバス停にて――


「ピザの注文アプリか~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「まずは持ち帰りか宅配を選択した後に、調理状況や配送状況なんかも随時確認できる。さらにクレカやケ~タイ払いもでき、お金を払う手間も省ける。ドンドン便利になっていくわよね~。回転寿司もスマホアプリで予約して向かうってお店に着くと、もう席につけちゃうものね~。そのうちアプリで注文したらドロ~ンで飛んでくる牛丼とかできそ~よね~」

 月夜はドロ~ンに吊り下げられた空飛ぶ丼をイメ~ジしていると、


「ふふん♪ いまのアプリはもっとシンカしてんだよ~」

 イブキがドヤ顔でそんな事を言っていた。


「そ~なの? 牛丼が転送され――」


「いまはこんなシンレ~たんちアプリなんてモノあるんだよ~」

 イブキがオカルト系の記事にあった、そんなモノを見せるなり『プイ』と横を向く月夜。


「このアプリには2つのキノ~があって」

 関係なく説明をはじめるイブキ。


「まずはゴ~ストレ~ダ~でオバケがいそ~なトコにスマホをかざすと、スマホのセンサ~きの~(マイクとかなんか)をつかってオバケをケンチできんだよっ!」


「もう1こはオバケをサツエ~できるキノ~。さらにはユ~リョ~になるけど240エンはらえばオバケのコトバをホンヤクできるキノ~もあんだよっ! こんど月夜のへやでやってみよ~よ」


「ウチの部屋にオバケなんていないモン」

 頑なな態度でそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます