まっし〜ン。

いつものバス停にて――


「広島にあるピザの自販機っ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に食いついていた。


「メニュ〜はマルゲリ〜タと四種類のチ〜ズピザの二つ焼き上がりまで五分ほどかかり、辺りは良い匂いが――いいなぁ〜……この辺りにもできないかな〜むしろウチの家の前にできないかな〜」

瞳をピザにしながら、そんな無茶をいう。


「宅配ピザのエリア外にはこ〜ゆ〜のでカバ〜してほし〜わよね! やっぱしマシ〜ンは時間を選ばないのがいいわ」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「ふふん♪ マッシ〜ンとはこ〜ゆ〜のをいうんだよっ!」

イブキがスマホ画面にでっかい四足歩行の画像を見せながら、


「そんなピザをうるしかノ〜がないのをマッシ〜ンって――こっちはヒョ〜ゴにあるイノシシげきたいマッシ〜ン『ス〜パ〜モンスタ〜ウルフ』くんだよっ! めからでるヒカリでおどかしたり、オオカミのなきごえでおどかしたりするんだよっ!」

興奮ぎみにそう言う。


「きっと、そのうちメからビ〜ムだしたり、ミサイルうったりするよ〜になるとおもう!」

イブキがそんな魔改造案を出すも、


「なんないと思う」

冷静に否定する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます