まっし〜ン。

いつものバス停にて――


「い、いきなりステ〜キが宅配サ〜ビス開始っ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「今までは店にいかないとダメだったのにこれからは玄関のドア開けたらステ〜キってことになるんだっ⁉︎」

月夜が何か間違ったサ〜ビス内容を口にしている隣では、


「こ、これは……これからのキセツにピッタリ」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スを見ながら、そんな声を洩らしていた。


「これはなかった! なんでいままでだれもつくらなかったんだろ〜?」

イブキがスマホ画面を下へとスクロ〜ルさせ、出てきた画像は――


「ながしソ〜メンき! なんでだれもつくらなかったんだろ〜?」

小型の――テ〜ブルに載るぐらいのウォ〜タ〜スライダ〜のような物を見ながら、


「なにそれ?」

月夜がスマホ画面にうつったものを指して、


「ながしソ〜メンキだよ!」


「いらなくない? ザルとか水はいって氷いれたガラスの容器とかでよくない?」


「それだとながれないじゃん! ダメだよながれないとっ‼︎」


「なんかわかんないケド、アンタは素麺が流れてる事がそんなに重要なのね」

そういって納得する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます