あるてぃめっト。

いつものバス停にて――


「大阪にあるお店のラ〜メン丼が話題? ラ〜メン丼??」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「なんだろ? ラ〜メンと牛丼?」

月夜が首を傾げながら、続きを読み進める。


「でてきたのは少しトロ味のある醤油ベ〜スのラ〜メン――あとから丼物がでてくるのかな?」


「麺を食べ進めると下のほうから――天津飯がでてくるっ⁉︎ へぇ〜……おもしろい。でも、天津飯とラ〜メンならラ〜メン丼じゃなくってラ〜メン飯にすればいいのに〜」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「アメリカさんがヒトとニワトリのハイブリッドをつくってしまうっ⁉︎」

テクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「トリニンゲンできちゃうのかな〜?」

イブキがそんな事を言いながら、さきを読み進める。


「ニンゲンとトリではセ〜ブツとしてのコ〜ゾ〜がかなりちがうため、サイボ〜のハイだんかいではセ〜コ〜しても、それイコ〜にはならないであろ〜とはなす。そっか〜トリニンゲンはムリなのか〜」


「残念ね。鳥豚牛を合体させた最強肉が作れると思ったのに……」


「月夜たぶんそ〜ゆ〜ケンキュ〜じゃないとおもうよ」

牛チキ豚丼を想像していた月夜にそういうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます