いれぎゅラ〜。

いつものバス停にて――


「今日から生ウニ丼か〜」

月夜がうどんチェ〜ン店のウニとイクラとワサビがのった画像を見ながら、


「そ〜いえばウナギもでてんのよね〜……」

月夜の頭の中でデッカいトゲトゲのウニとサ〜ペントのようなウナギが戦い始める。


「う〜ん……やっぱし両方かな」

死闘の末両者は腕を取り合ってリング中央で「だーっ!」と雄叫びをあげる姿をイメ〜ジしている月夜の隣では、


「アメリカでSWATた〜いんになってガッコ〜をセンキョしたテロリストグル〜プとたたかうFPSがジゼンだんたいのコ〜ギでハンバイチュ〜シのキキっ⁉︎」

イブキがゲ〜ム系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ガッコ〜をテロリストがセンキョなんてチュ〜二ビョ〜まんてんのシチュだね。それでコ〜ギしたのかな〜? はずかしいからやめろ! むかしことおもいだすからやめろ――とか」

イブキがそんな事をいってから続きを読み進める。


「ガッコ〜とゆ〜ブタイでテロリストモ〜ドのときはミンカンジンをギャクサツするとゆ〜ナイヨ〜にジュ〜キセ〜のだんたいがコ〜ギか〜――なんかおもったよりもホンキだった」

いたって真面目な記事にそう洩らすイブキ。


「でもハンバイしてほし〜な。このミンカンジンモ〜ドでいきのこれってモ〜ドはやってみたい!」


「さがらグンソ〜なみのカツヤクするよ! イブキさん」


「いまアニメで新作やってるわね」

横で聞いていた月夜がそう付け足すにだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます