くろほン。

 いつものバス停にて――


「マイクポップコ~ンにクレ~ンゲ~ムでしか手に入らないオリジナルブレンド……最近、多いわね~こ~ゆ~の……」

 月夜がポップコ~ンの画像を見ながら、そんな事を言っていた。


「しかもTKG――タマゴかけ御飯味って……気になるじゃない! ポップコ~ンでど~やってタマゴかけ御飯の味を再現してんのっ!!」

 月夜がそんな風に言っている隣では、


「あ~……」

 イブキが光を失った瞳を天に向け、ゾンビの呻き声のような声を洩らしてた。


「ど~したの?」

 ポップコ~ンの画像を見ていた月夜はイブキの様子に気付いて、そう声をかける。


「……月夜。なんでオトナってキタナイうそつくだろ~ね……」

 イブキが心底、絶望しきった表情で、


「なっ!? ちょっとなにがあったのよっ!!」

 尋常ならぬ様子に月夜も慌てる。


「エ……」


「えっ!? なに??」


「エ……エルム……ド……ア」


「なにそれ??」


「んとね……コ~リャクボンにショ~ス~テンイカでぬすめるカクリツってかいてあって、じつはウソでしたって……」


「そんな事で落ち込んでたのっ!?」

 理由の下らなさに驚く月夜。


「でも、ニジュ~ネンもダマしてたんだよっ! ヒドくないっ!!」


「二〇年って――アンタそんなに生きてないじゃんっ!?」


「はっ! またタイムパラドックスっ!?」


「だから、アンタそれ絶対使い方間違ってるって」

 月夜は呆れ顔のままそう指摘するのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます