すうびョ〜。

いつものバス停にて――


「ほ〜ほ〜Xフライドポテトが1、5バイのリョ〜に……これって、テ〜きてきやってるケド、きかんおわってもお〜くいれてたってヒトいないのかな〜」

イブキが独特の形状にカットされたポテトの画像を見ながら、


「そ〜いえばバケツのときもあるかぁ〜……イブキさんコンビニのカウンタ〜フ〜ズのなかではこれはイチバンすきんんだよね〜! バケツなら3コいけるジシンがあるよっ‼︎」

イブキはバケツポテト抱えながら、ゲ〜ムをしている自身の姿を思い出している隣では、


「コ〜ネル大学は数秒でフル充電になるバッテリ〜を開発っ⁉︎」

月夜がテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「へぇ~……しかもバッテリ~としての性能も高いなんてイイトコ取りじゃない!」

 記事内にはむつかしい構造も説明されていたが、そこはすっ飛ばして喜ぶ月夜。


「こ~ゆ~のってすぐにサイヨ~してほし~よね?」

 イブキもそう言って口を挟んでくる。


「そ~よね~。あっ! でも――」


「ん?」


「食事時間を大幅に短縮されるって考えたら、ちょっと可哀想かも?」


「なんで、スマホをヒトにたとえんの?」

 月夜の言葉にそういって首を傾げるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます