おりじなル。

 いつものバス停にて――


「ペヤングの匂いゲ~トかぁ~……」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「足柄SAエリアにあるのね~……なんで高速道路にあるのかしら?」


「む? アシガラさん??」

 月夜の言葉にイブキが反応する。


「たぶんアンタの想像してるのと違うから――」

 反応したイブキにそう返した後、記事を読み進める。


「このゲ~トは中を通るとペヤングソ~スやきそばの匂いがつく場合がありますとの注意書きの通り、くぐるだけでペヤングを食べたくなるかぁ~……ペヤング……じゅるり」

 そんな事を言っている月夜の隣では、


「おぉ! ス~パ~カップ(アイス)がポップアップストアをオ~プン!」


「む! バケツラ~メンっ!?」


「いや。月夜がソ~ゾ~してんのとちがうから――」

 イブキが一部の言葉に反応した月夜にそう返す。


「3シュルイのフレ~バ~『バニラ』『チョコ』『マッチャ』をベ~スにすきなトッピング1コでつくるオリジナルのアイスかぁ~……いいね、いいね。イブキさんのセンスがヒをふくぜっ!」


「ねね。ス~パ~カップ(ラ~メン)は作れないの?」


「つくれない」

 しつこく聞いてくる月夜にそう返して。オリジナルアイスを想像するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます