ごろちキ。

 いつものバス停にて――


「マックシェイクにカフェオ~レあじト~ジョ~かぁ~」

 イブキがグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「あのエンスイケ~のパックがトクチョ~てきなカフェオ~レをシェイクにしたのかぁ~……これはゼッタイにおいし~やつだよっ!」

 イブキがそんな風に瞳を輝かせている隣では、


「あの……アレが復活っ!?」

 月夜が信じられないモノをみたような驚愕の表情をしていた!


「いやいや。落ち着かないと、もしかしたらちょっと遅めのエイプリルフ~ルネタかもしれないし……」

 月夜は深呼吸を一つした後に、


「…………」

 どこかにおかしな表記はないかと注意深く確認する。


「……よし! たぶんこれは本当」

 月夜は拳を小さく握り締める。


「あのカレ~界で熱狂的なファンのいる松屋のごろチキが一年ぶりに復活っ!? これは行かないとね~――じゅるり」

 大きめのチキンがのったカレ~の画像を見ながら、そんな事をいう月夜。


「そんなにおいし~の?」

 月夜の反応を見たイブキがそう聞いてくる。


「そりゃ~美味しいわよっ! チェ~ン店のカレ~とはおもえないほどのスパイシ~感に最高まで高められたチキンの完成度、店頭ポスタ~をみただけで奇声をあげるファンもいるぐらいだモン!」


「それって月夜のコトじゃないのよね?」


「ウチはそのポスタ~をもって帰りたくなるぐらいだから」


「いや、そっちのほうがメ~ワクだよ」

 呆れ顔でそうつっこみイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます