てりたマ。

いつものバス停にて――


「スイッチのアップデ〜トをしてジュンセ〜じゃないジュ〜デンスタンドにセットしたらスイッチがクラッシュしたっ⁉︎」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「そんなコトおこんだ〜。でも、このジュ〜デンスタンド、ジュンセ〜のハンガクのねだんだし……」

純正一万円にたいして五三〇〇円の表示を見ながら、


「あっ! でもこのスタンドってジュ〜デンしながらスイッチのがめんもみえるんだっ⁉︎ それはちょっとイイかも? ジュンセ〜ヒンだとスタンドでガメンかくれてみえなくなっちゃうんだよね〜……あれはカイゼンしてほし〜」

イブキがそんな最新ゲ〜ム機への不満を口にしている隣では、


「テリタマか〜」

月夜がグルメ系アプリを見ながら、そんな声を洩らした。


「あ〜……いまやってるよね! イブキさんもだいすきっ!」

月夜の呟きを聞きつけて、イブキがそう言ってくる。


「あっ! そ〜なの? おいし〜モンね『てりたま鬼盛りすたみな唐揚げ丼』」

月夜が唐揚げが高く積み上げられ、その頂上にタマゴがかかった丼画像を見せながら、


「これじゃないっ⁉︎」

その画像を見せられたイブキは思わず、そんな声をあげる!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます