まるちたすク。

いつものバス停にて――


「約六割の中高生が家族を話すときにスマホをいじってるか〜」

月夜がそんなアンケ〜ト記事を読んでいた。


「さらに半数が家族を会話をしながら画面操作――でも、それって家族以外のときでのやるよ〜な〜?」

隣で同じようにスマホをいじっているイブキを見ながら、


「ん? なになに??」

視線にきづいたイブキがそう聞いてくる。


「誰かといてもスマホいじってる事あるよね〜って、会話しながら画面いじったり」


「ふたつのコトをド〜ジにしてジカンをユ〜コ〜につかってんだよ」


「そ〜よね。べつに会話がど〜でもいいワケじゃないケド、なんかスマホ画面みていじってないと落ち着かないわよね」


「月夜もうかんぜんにスマホいぞんしょ〜だね」

月夜の言葉にそんな返しをする。


「あ、アンタだって似たよ〜なモンじゃないっ!」


「イブキさんはゲ〜ムしてるときはスマホいじってないモンっ!」

イブキがそんなダメな事を自信満々で言い切る。


「ただ依存症を合併してるだけの気がする……ウチだって牛丼食べてるときはいじってないわよ」

こちらもイブキと同レベルな言い返しをする月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます