ますク。

 いつものバス停にて――


「あのなんでもうってるトコがポテチメ~カ~とキョ~ド~でカイハツしたポテトかぁ~」

 イブキがグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「なないろダシのポテチ?」

 出てきた画像を見ながら首を傾げるイブキ。


「こんぶ、カツオ、しいたけ、エビ、アサリ、ホタテ、かきの7つかとったダシのポテチ? で、けっきょくなんのアジになんだろ??」

 先を読み進めれば、進めるほど頭の上の疑問符を増やしていくイブキの隣では、


「ふ~ん……最近はマスクもいろいろあるのね~」

 月夜が通販サイトを見ていた。


「ん? 月夜カフンショ~だっけ?」

 小さめから立体、色もさまざなマスクの画像を見ている月夜に聞く。


「じゃ、カゼとかっ!?」


「ん~ん。いたって健康」


「だよね。つねにエイヨ~たっぷりだし、バカだモンね!」


「アンタに言われたくないわよっ!」

 そんな風に返した後、


「じゃ、なんでマスクなんてつけんの?」


「これよ」

 そういって差し出してきたスマホ画面には、


「ボ~ピザチェ~ンがネットちゅ~もんして、うけとるときにマスクをしていると41パ~セントオフ?」


「そそ。ウチってホラ、健康優良児だからマスクとかもってなくてさ~」


「でも、なんで41パ~セントなんてチュ~トハンパなわりびき?」


「なんか社内アンケ~トでマスクをする理由の一位で『花粉症で41パ~ンセト』が由来だってさ」


「へェ~……」


「ちなみに39パ~セントで『トッピングのつまみ食いを隠すため』らしい」


「月夜みたいなヒトがいっぱいいるカイシャなんだ~」

 思わず、そんな事を言ってしまうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます