たいしょホ〜。

いつものバス停にて――


「あ、アジフライ……」

月夜がグルメ系アプリを見ながら、そんな声を洩らした。


「ぎ、牛丼屋がアジフライ……牛丼屋が……」

月夜が某牛丼屋チェ〜ンの新作メニュ〜を見ながら、


「アジフライなんて……アジなんて……」

月夜は丼にキャベツが敷かれその上に『でんっ!』とのったアジフライ丼の画像を見ながら、


「これは、これでいいわね」

画像を見ているうちにそんな感想へと変化する。


「ウチ的にはソ〜スよりもタルタルかな〜。あっ! 一〇〇円追加でできんだ。ま、まあ牛丼のついでに食べてあげなくもないわ」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「たいこのむかしからド〜モ〜なハンタ〜であるワニにおそわれたときのタイショホ〜」

イブキがそんな日本にいる限り必要なさそうな記事を読んでいた。


「う〜みゅ……これならサンコ〜になるかな?」

そんな事を言いながら続きを読み進める。


「かみつかれたらサイゴ、コ〜ゴにはえたキバがニクにガッチリくいこんで、さらにカラダをかいてんさせてバラバラにひきさく――そっか、そっかつかまったらつむパタ〜ンね」


「はしってもジソク60キロでおいかけてくる……ムリゲ〜」

そんな事をいってガッカリしているイブキに、


「日本にワ二なんてそこらにいないし平気よ」


「さいきん、ユメでよく月夜にたべられんだよね。だからキョ〜リョクなホショクカからいきのびるホ〜ホ〜をさがしてたんだけど……」


「アンタ、ウチのことなんだとおもってんのっ⁉︎」

悲痛な表情のイブキにそんな事をいってしまう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます