どっチ?

 いつものバス停にて――


「かっぱにどんが食べほ~だいかぁ~」

 月夜がグルメ系ニュ~スの中にあた、そんな記事に瞳を輝かせていた!


「二月一日より順次全国展開かぁ~。近所のお店が対象になる時期調べとかなきゃ」

 月夜がそんな事を言っている隣では、


「インドのケンタではチキンたのむとドロ~ンがついてくる?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んで首を傾げていた。


「ど~ゆ~イミだろ? ドロ~ンではこんできて、そのままドロ~ンもらえうとかかな??」

 そんな事をいいながら続きを読み進める。


「あぁ~……ニャルホド……ガンプラみたいなかんじでになってんのかぁ~」

 イブキに言葉が示すように様々なパ~ツごとに分かれたドロ~ンの箱詰め画像を見ながら、


「でも、これってチキンがオマケにみたいに追いやれちゃって、チキンのデリバリ~としてはダメだよね~?」

 横から画像を見ていた月夜がそんな事を言って口を挟んでくる。


「え~! なにいってんの月夜っ!? こんなんど~みてもドロ~ンがシュヤクでしょっ!!」


「だって、チキンのデリバリ~でしょ? チキンがメインでしょ?」


「いやいや、ないをおっしゃいます月夜さん。ドロ~ンだよソラとべんだよ、ゼッタイこっちがメインでしょ」


「こっちだってフライドになる前には大空を飛んでたわよ!(ニワトリは飛べません)」


「「う~みゅ……どっちがメインなんだろ??」」

 画像を見ながら、二人で首を傾げるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます