はんヨ~。

 いつものバス停にて――


「VIVEよ~のあたらし~VRアクセサリ~かぁ~」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「テニスとタッキュ~よ~の2シュルイをヨ~イ。う~みゅ……チュ~ジツにおもさまでサイゲンした……そこまでチュ~ジツにサイゲンしちゃうとソレよ~にしかつかえなくなってテニスやタッキュ~にキョ~ミないヒトにうれないんだよね~。ど~せつくんなら――」

 イブキはしばらく思案した後に、


「ミズテッポ~からロケランにまでまるハンヨ~ガンコンとか……オトコのヒトはぜんいんトクサツすきだから、ジッサイにファッションアイテムとしてもつかえるハンヨ~アイスラッガ~とか……」

 汎用アイスラッガ~とうう言葉に、


「なんかホントにでるみたいよ」

 隣にいた月夜が反応してスマホ画面を見せてくる。


「ホンモノノの1/1アイスラッガ~っ!?」

 イブキが月夜のスマホにかじりつく!


「――セブンのシンチョ~が40メ~トルだから、やく8メ~トルのアイスラッガ~っ!?」


「いやいや。撮影用の物を1/1で復刻って書いてあるから、フツ~に人間サイズじゃない?」

 イブキの間違った認識を正す月夜。


「ぬう……8メ~トルみたかったなぁ~……でも、イブキさんがつけれんならいいっか~。これでオトコのヒトのシセンをくぎづけっ!」


「確かに釘付けになるわよね。悪い意味でだケド……」

 月夜が呆れ顔でそう言い放つのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます