いけんのそ~イ。

いつものバス停にて――


「キョ〜は……」

イブキはゲ〜ム系ニュ〜スアプリを起動しながら、


「ノットアヒ〜ロ〜にイグニスさんとバ〜チャロンがキョ〜はいしんなんだよね〜。はやくかえりたいなぁ〜……」

まだ家から出て五分でそんな事を言っているイブキの隣では、


「食材で一万相当のハンバ〜ガ〜が一九九〇円っ⁉︎」

グルメ系アプリの中にあった某ファ〜ストフ〜ド店の新作を見ながら、


「スペシャルボルチ〜二トリュフチ〜ズバ〜ガ〜もうなんか名前が豪華ね」

そんな事を言いながら続きを読み進める。


「ボルチ〜二ってなんだろ? あぁ……アレだお祭り男がとってた外国の松茸ポジなキノコだ」

読み込まれ画像を見ながら、


「白トリュフを四〇〇〇円分、価格が一九九〇円なのに四〇〇〇円分もかけちゃうんだっ⁉︎ しかもボルチ〜二茸やモッツァレラチ〜ズなんかもはいって……一四日限定だし、行くきゃないよねイブキ」

隣のイブキに同意を求めるも、


「いや、イブキさんキョ〜いっぱいゲ〜ムおとさなきゃだし」


「こっちは今日限定だよ」


「う〜みゅ……でもゾイへんじゃムシやザリガニたべれるし」


「しかも二五食限定よ」


「こっちだってバ〜チャロイド13キもいんだよっ!」

そんな噛み合っていない会話の応酬を繰り返す二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます