νくるまいス。

いつものバス停にて――


「鳥ササミステ〜キ?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな新商品の情報を読んでいた。


「なかなかおいしそ〜だケド……」

ササミが薄切りで盛られオニオンソ〜スのかかった画像を見ながら、


「ウチ、ササミってなんか……肉感が薄いとゆ〜か……もっとカロリ〜をっ! 溢れろ肉汁をっ‼︎ みたいな下タンパク、高カロリ〜みたいなのがいいのよね〜」

月夜がどっかのメジャ〜リ〜ガ〜と真逆の事をいっている隣では、


「ノ〜ハでうごかすクルマイスっ⁉︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スのところにあった、そんな記事を読んでいた。


「こんなん……こんなん……」

イブキは背面に大きなフィン型の武器を装備したロボットをイメ〜ジする。


「νガン◯ムっ⁉︎ このクルマイスのキンゾキぶぶんはもしかしてサイコフレ〜ムっ⁉︎」」

イブキは車椅子にのったバアさんが集中線を出しながら高速移動している姿をイメ〜ジする。


「イブキさんもクルマイスはうごかせないなぁ〜……オ〜ルドタイプってコトかぁ〜……」

車椅子で宇宙戦争を戦う姿をイメ〜ジしながら、そんな事を洩らすイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます