ど〜じしんコ〜

いつものバス停にて――


「牛丼屋の牛丼がブタまん、牛まんの中華まんにっ⁉︎」

月夜が某牛丼チェ〜ンが通販サイトで売っている品を見ながら、


「ふむふむ……ブタまんは特製の生姜焼きダレ、牛まんのほうは牛丼でつかってる秘伝のタレでそのまま味付け、皮は厚みがあり、モチモチでほのかに甘みがあり、中の具材と相性がバツグンっ!」「


「こんなん最強じゃないっ! 絶対おいし〜モンっ! やっぱしこれからの季節は――」


「「中華アイスよね〜」」

途中で隣のイブキの声と重なり合う。


少し前――


「おぉ! ゆきみダイフクにギョ〜ムヨ〜さいずがあるんだっ⁉︎」

イブキが大きな箱に入った九個の大福画像を見ながら、


「やっぱりサムいときこそアイスだよね〜……とくにソトがユキふってるときにヘヤをポカポカにあっためて、ちらつくユキをみながらのアイスっ! これがサイコ〜のシュチュだよっ‼︎」

大福の画像を見ながら、


「ギョ〜ムヨ〜のス〜パ〜なんかでモクゲキジョ〜ホ〜あるな。みつけたらタイリョ~にコウニュ~しよっかな?」

 親名義のクレジットカ~ドを握り締めながら、


「そして、ポカポカなヘヤからさむいソトをながめながらたべるんだっ! すっごいゼ~タク!! これこそサイキョ~のアイスのたべかた――やっぱしフユは――


「「中華アイスよね〜」」

 好みは違えど、タイミングは抜群の二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます