ぎょ〜ざあイ。

いつものバス停にて――


「お、お〜しょ〜が餃子食べると、一皿無料の券を進呈っ!」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に夢中になっていた。


「つまりは一〇〇皿食べても五〇皿分でいい計算に……」


「ギョ〜ザ100サラってもうバツゲ〜ムのリョ〜イキじゃん!」

イブキがそんな横槍をいれると、


「馬鹿ねっ! 無限餃子って言葉知らないの?」


「ホンキでしらない! イブキさんのジンセ〜でいまはじめてきいたよ、そんなコトバっ⁉︎」


「有名な言葉よ。アリストテレスとか初代内閣総理大臣も言ってるんだから」


「ショダイどころか、ぜんぶのソ〜リひとりもいってないとおもう……ムゲンギョ〜ザ? だっけ、そしてこれからなるソ〜リもいわないとおもう……」


「とにかく、一皿食べたらもう一皿ってすっごいのよっ! 錬金術よ錬金術っ‼︎」


「なんかショボいレンキンジュツ……」


「アンタいま日本にいる三億人の餃子ファン敵に回したわよ」


「ギョ〜ザファンおおいっ⁉︎ ニホンのジンコ〜よりもなぜかおおいっ⁉︎」


「どんな人の中にも三〜五人は餃子ファンの魂が眠ってるからね〜」


「ギョ〜ザかぁ〜……イブキさんは3コぐらいでいいかな〜アブラすっごいし」


「あら? アブラでテカった唇とか男は好きなのよ」


「ホントっ! もっといっぱいたべなきゃ」

全男性から異論が続出しそうな事を言う、餃子愛でおかしくなってる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます