ですげ〜ム。

いつものバス停にて――


「カニ祭りかぁ〜……」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、某回転すし屋さんの画像を眺めながら、そんな呟きを洩らした。


「カニ寿司を食う食べながら、カニ味噌ラ〜メンたべて、カニの茶碗蒸し、カニクリ〜ムコロッケもあるのかぁ〜……たまにはカニもいいかもしんない……じゅるり」

月夜がそんな事をやっている隣では、


「おぉ! パソコンのVR『VIVE』をワイヤレスにするキットっ‼︎ これはイイっ‼︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に瞳を輝かせていた。


「ナイヨ〜はパソコンにとりつけるジュシンキとVRがわにとりつけるソ〜シンキ、バッテリ〜をナイゾ〜するデンゲンユニット――バッテリ〜っ⁉︎ おぉ! あとはノ〜ミソをやくマイクロはハッセ〜ソ〜チつけたらナーブギアじゃんっ‼︎ これはも〜すぐホントのデスゲ〜ムはんばいに――ゲ〜ムでヒトがしぬセカイにっ‼︎」


「そんな命をかけた遊び誰がすんの?」

月夜が冷めた口調で割り込んでくる。


「なにいってんのっ! ヴァナディ〜ルやエオルゼア、アストルディアやオラクルはゲ〜ムであって、あそびじゃないんだよっ‼︎ 」


「いやアンタがなに言ってんのっ⁉︎ ゲ〜ムは遊びでしょ」


「わっかんないかな〜……バスクエにさんかしながら、バハム〜トもいって、ど〜じにスライムジェネラルかるコ〜フンがっ!」


「もう本当になに言ってるかわかんない」

頭を混乱させながら、そう言い放つ月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます