さ〜もン。

いつものバス停にて――


「顔写真からゲイかどうか判断できるAI!」

月夜がテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に驚きの声を上げていた。


「なんて事……人類の叡智がそこまでいっていたなんて……こんな機能がスマホアプリ化されたら街行く人撮りまくっていろいろ捗っちゃうじゃないっ!」

月夜がなにやら良からぬ事を考えている隣では、


「う〜みゅ……キョ〜はなんにしよ〜かな〜?」

イブキが朝刊の折り込み広告をスマホカメラで撮影してデ〜タ化したものを見ながら、そんな事を言っていた。


「うん? アキサケ?? サケってキセツかんけ〜なしにうってるよ〜な〜?」


「ふふん♪ 鮭はいっぱい種類があるのよ! 秋鮭、銀鮭、トラウト、アトランティックサ〜モン」


「へぇ〜……べつにやいておいしければなんだっていいけど、あとやすければイブキさんのおこづかいふえるし」


「秋鮭はとくにおいし〜のよね〜。アブラは少ないけど、白子や筋子もっててムニエルや揚げ物にいいのよね〜アブラが少ないから焼きには向かないけど」


「へぇ〜月夜くわしいんだね〜」

イブキが感心した声を洩らし、


「もしイブキさんが3Dプリンタ〜かったら『サケをくわえた月夜』のフィギアつくってあげるネ」


「それ熊のかたちのやつが、お土産屋さんにあるっ⁉︎」

数年後、本当に製作された品を見る事になる月夜だった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます