い~はなシ?

 いつものバス停にて――


「キョ~は『グフのヒ』かぁ~……ザクのヒとはちがうんだね、ザクとは」

 イブキが某モビルス~ツのヘッド型クッション画像を見ながら、そんな事を呟いた。


「ヤボ~だとヒ~トソ~ドもたせるとつよいんだよね~! シ~ルドで61センシャのホ~ゲキをガ~ドしてヒ~トソ~ドで『ズバンっ! ズバンっ!!』きりまくってレンポ~をジュ~リンしまくってやったっけ」

 イブキが背後にゲリラ屋のおっさんの幻影を纏いながら、そんな事を洩らす隣では、


「イギリスの南西部で養豚場が火事に?」

 月夜がなぜかグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「火事の原因は納屋におかれてた干し草六〇豚――じゃなくってトン。燃え上がり雌豚二匹と子豚一八匹を地元の消防士が救助したかぁ~……う~ん……助かってよかった!」

 まだ真っ白な身体をした子豚の画像を見ながらそんな事を洩らす月夜。


「後日、養豚場は育った豚をソ~セ~ジに加工して消防署へお礼としてプレゼントしたかぁ~……」


「ブタさんたすかってないじゃんっ!?」

 横で聞いていたイブキそんな声を上げる。


「うん……そ~ね……」

 イブキの言葉に複雑な表情になる。


「そっか~……そ~ゆ~オチだったからグルメ系アプリの中にあったのかぁ~……」

 最後まで読まなければよかったと後悔する月夜だった

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます