の~ないすきゃン

 いつものバス停にて――


「マック対マクドはマクドの勝利で正式名称はマクドに決定ね~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読みながら、


「でも、結局みんなマックってゆ~んだろ~なぁ~……ウチはどっちも食べたケド、どっちもおいしかったけどな。ロ~ストビ~フバ~ガ~はハムじゃない? っていう人もいたけど……確かに厚切りハムステ~キっぽかったけどおいしかったなぁ~……じゅるり」

 月夜が思い出しじゅるいをしている隣では、


「ヒトのかんがえてるコトをよみとれるインプラントがカンセイっ!?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんなSFっぽいニュ~スに驚いていた。


「インプラントはすっごくちいさいマイクロセンサ~できづかれずにしこむコトがカノ~かぁ~……う~みゅ……こんなんたべものとかにまぜられたらゼッタイきづかないよねっ!」

 そんな事を呟きながら隣の月夜にスマホ画面を見せつつ、


「みてよ月夜!」


「ん~?」


「みてみて。ヒトのかんがえてるコトをよみよるキカイだって!」


「えぇ!!」

 月夜はつい最近、煩悩全開で歩いてたビックサイトを思い起こし、


「な、なんて……恐ろしい……も、もしあの時、頭の中を読まれたらウチは生きていけないわっ!!」

 月夜はそう言って恐れおののくのを頭上に『?』を浮かべて見てるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます