と〜シ。

いつものバス停にて――


「お肉のトライアスロン!」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に飛びついた!


「四、五キロの肉を食べ切れば、お食事券一〇〇〇〇円プレゼント‼︎ すっごい! はじめてウチお腹いっぱいになるかもっ! じゅるり」

そんなイベント情報に浮かれている月夜の隣では、


「がいぶデバイスとイッショにシヨ〜すればカベをト〜シできるアプリっ⁉︎」

テクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に興味を惹かれるイブキの姿があった。


「ふむふみゅ……スマホとおなじお〜きさのデバイスとセンヨ〜アプリをインスずみのスマホをみたいカベにあてれば、スマホがめんにト〜シしたエイゾ〜がっ⁉︎ いいね! ショ〜ライてきにはスマホたんたいでできるよ〜にしてほし〜けど」

そんな技術に期待をするイブキ。


「あぁ! なによこれ‼︎ 四、五を三人で分け合うの? 一人一、二キロの肉じゃ楽勝じゃないっ‼︎」

月夜がそんな声を上げる。


「ん〜……」


「な、なに?」

イブキが月夜のお腹辺りをジッと目詰め、


「ト〜シアプリがリリ〜スされたら、まず月夜のおなかのナカをみてみたい」

月夜の底無し腹に人類の知恵を充ててみたいイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます