ぼたン。

いつものバス停にて――


「ロ〜ソン限定のカップ麺、海老そばかぁ〜……」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、新商品紹介記事に興味をもった。


「なになに……エビ自体ははいっていないが、お湯を注ぐまえから香ばしいエビの香りがする。お湯を注ぐとさらに二、三倍も濃くなるエビの風味っ! いいじゃない‼︎」

感想を読みながら、そんな事をいう月夜の隣では、


「トランプだいと〜りょ〜のシツムシツにある、あかいボタン?」

イブキが小首を傾げながら、そんな海外の記事を読んでいた。


「おぉ! こ、このボタンはもしかして――っ⁉︎」

そんな声を洩らしながら、さきを読み進める。


「みんなおどろくけど、このボタンをおすとキンキンにひえたコ〜ラがでてくる! すごっ! さすがアメリカのダイト〜リョ〜‼︎ コ〜ラのみほ〜だいっ‼︎!」


「驚くトコそこ?」

月夜が呆れ顔のままでそう言うの記事だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます