じじツ。

いつものバス停にて――


「ウデにスマホをとりつけるリストバンドがたスマ〜トフォンバンド?」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に興味を惹かれた。


「いいね〜。このチュ〜ニごころをシゲキするモノ」

特殊部隊の電子戦兵装のように腕に取り付けたスマホ画像を見ながら、そんな事を言うイブキ。


「リョ〜ウデにアイフォンとアンドロイドつけやってみたい! ウィンド〜ズスマホ? しらないコですね……」

そんな事を言っているイブキの隣では、


「そ、そうだったんだ……ごくり」

スマホで何かの記事を読んでいた月夜がそんな声を洩らす。


「猫避けの水って効果ないんだ」


「そ〜なの?」


「みたいよ、ホラ」

月夜はイブキにスマホ画面を見せる、


「ふむふみゅ……ハッシュタグ『しんじてたのにウソだったチシキ』」


「そそ。ウチなんて猫に避けられないように2lの水さえ買わないようにしてたのに……マックでゴミの分別してるケド、あとで全部まとめて捨てたってのは驚きだった」


「へェ〜……そんなんあるんだ〜」


「他にもモテ期は三回あるとか〜」


「えっ⁉︎ ない……の……?」

今までとはうってかわった絶望的な表情でそう聞き返すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます