ふぐ。

いつものバス停にて――


「ついかエピソ〜ドのゴリラさんおもしろかったなぁ〜……はしらもったときはヒガンジマおもいだしたけど……しかも、ケッコ〜つよいし、もうずっとはしらでいいじゃないかな? っておもったよ」

イブキがゲ〜ム系情報を見ながら、そんな事を呟く。


「さいごのアイツつよかったな〜……オ〜ラまとってると、つよすぎ。たおしたけど……ホウシュ〜のげんじのカタナまだつかってないけど、つよいのかな〜」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「う〜ん……このイルカにモテ遊ばれたフグの画像いいなぁ〜。こんな顔するんだ。ふくらんでプニプニしてそ〜だし」

月夜が海の中でイルカがフグを鼻先で小突いて、フグがまるで人気のようにビックリしている顔をしている画像を見ながら、


「いいな〜この『うおっ!』って言ってそうな顔。ん?」

月夜は下の関連ワ〜ドのところにある有名フグ料理チェ〜ンの広告を発見する。


「フグをつかってイタリアン?」


「フグのカルパッチョにフグパスタ――」


「月夜、月夜。こんなのカワイ〜のにたべちゃうの?」

イブキがさきほどまで見ていたイルカとフグの画像を見せながら、


「カワイイとおいしそ〜は別なのっ!」

キッパリとそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます