ま〜ずくらぶ。

いつものバス停にて――


「アマゾンでスイッチがシンニュ〜カっ⁉︎」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スを読みながら、


「スイッチといえばコントロ〜ラ〜のみぎジョイスティクをしたにたおすと『すべてのゲ〜ムファンにカンシャ』ってメッセ〜ジかくされてんだよね〜。そんなトコにいれるなんて……なんてオシャレなのっ!」

イブキがそんな感想を抱いている隣では、


「火星で蟹を発見っ!」

月夜がそんな声をあげる。


「あ〜なんかイシがそれっぽくみえるってウワサあるね〜サソリにもみえるっていわれてるけど……」

イブキも口を挟んでくる。


「偉い人も蟹の生命力は強く、水があるなら棲息している可能性はあるっていってるし……」


「うんうん。ロマンあるよね!」


「いや、どんな味がするんだろ〜?」


「ソンザイのカクテ〜まえにアジのソ〜ゾ〜してんのっ⁉︎」

さすがに驚きを隠せないイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます