お〜がねもち?

いつものバス停にて――


「へぇ〜……トルコの新名物『濡れバ〜ガ〜』かぁ〜……」

月夜がグルメ系アプリを見ながら、そんな呟きを洩らす。


「――にしても濡れってなんだろ? なんで濡れてんだろ⁇」

首を傾げながら、そんな事を言った後に続きを読み進める。


「へぇ〜……中華マンのように蒸し機の中にハンバ〜ガ〜を入れてるんだっ⁉︎ ウスラック・ブルゲルってゆ〜のか、おいし〜のかな?」

料理の画像を見ながら、味を想像している月夜の隣では、


「100チョ~――ドルが8300エンかぁ~……」

 イブキがスマホ画面を見ながら、そんな事を洩らす。


「そんなに円高になってないでしょっ!?」


「ん? あぁ~ちがうよ。ほら、アマゾンで100チョ~ジンバブエドルのおさつが8300エンでうってんだよ」


「紙幣売ってんだっ!? しかも100兆っ!?」


「そそ」


「日本円にするといくらぐらいなんだろ~?」


「ん~とね……0,3エンだって」


「それが八三〇〇円で売ってんだ……」


「そそ。みんなはなしのネタとかユカイなアイテムとしてコ~ニュ~するんだってさ~」


「ふ~ん……なんか変な話しね」


「そだね」

 そういってインフレしまくったお札の画像を見る二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます