じょ~れん。

 いつものバス停にて――


「う~ん……こ~りついて、おせなくなったボタンしきシンゴ~かぁ~……」

 イブkがツイッタ~で話題のガチガチに凍り付いて押せなくなってしまったボタン式信号機の画像を見ながら、


「このあたりじゃ、こんなんにつもんないしなぁ~……こんなにガッチガッチじゃハルまでこのシンゴ~はつかえそ~にないなぁ~」

 画像を見ながら、そんな事を言っているイブキの隣では、


「コンビニや弁当屋で顔憶えられると言いにくくなるかぁ~……」


「あ~……イブキさんわかるなぁ~……」

 月夜の呟きが耳にはいったイブキが「わかる、わかる」としきりに頷く。


「そう? ウチは憶えられた方がサ~ビスしてくれるかもしれないし、得だと思うケド……」

 と、月夜が言うと、


「え~! だってだって、かいたいモノだけさっさとかってかえりたくない?」


「そっかな~?」


「それに「あたためますか?」はいいとして「ポイントカ~ドとか」「クジひいて」とかいらなくない?」


「クジはいい物当たるかもしんないし……」


「あと、おミセにはいったトタン、テ~インさんが「あっ!」ってカオしてソソクサとカウンタ~フ~ズまんたんにしたり、チュ~カまんマンタンにしたり……」


「あら? アンタが入店するとそんな事されるの?」


「月夜のコトだよっ!!!」

 近くのコンビニ店員にマ~クされてる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます