ぼたん。

いつものバス停にて――


「そ、そんなのあるんだっ⁉︎」

イブキはテクノロジ〜系ニュ〜スの記事を読みながら、驚愕の声を洩らす。


「んっ? なに? ど〜したのよ??」

イブキの尋常でない様子に月夜が反応する。


「こ、これだよ……」

そう言いながら見せてくるスマホ画面には、


「これって……ペッパ〜?」

スマホ画面には接客用ロボットで有名なアイツが写っていた。


「そそ。ペッパ〜ってボ〜ソ〜したときのキンキュ〜テ〜セボタンがクビのうしろについてんって!」

なぜか嬉しそうにそんな事をいうイブキ。


「暴走すんのっ⁉︎」


「ほら、さいきんモンスタ〜クレ〜マ〜とかいるじゃない? あれがきたときにボ〜ソウすんじゃないの?」


「ロボットに怒ったりするかな〜?」


「するでしょ〜。で、サイゴにはクレ〜マ〜もろとのジバクきの〜とかついてるともっとイイかも」

キラキラした瞳でそんな追加装備を期待するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます