あさ。

いつものバス停にて――


「う〜ん……いきたい」

イブキが近くにあるゲ〜ムショップを見ながら、


「まだ開店してないでしょ?」


「ふふん♪ さいきんのゲ◯は9ジにあくんだよ!」


「すっごいドヤ顔で言ってトコ悪いんだケド、まだ空いてないじゃん!」

月夜が時刻を確認しながら、


「そ〜なんだよね〜。ガッコ〜とかあさはやすぎ! ト〜コ〜なんて10ジからでジュ〜ブンだよっ‼︎」


「まあ、確かに……今日なんて朝起きたら水道凍ってて水でなかったモン、こんな日でも8時まで登校とか……」


「そうそう。やっぱしオヒルまでグッスリねてそれからガッコ〜のがコ〜リツいいよね〜?」


「いや。昼まではさすがにダラけすぎっ!」

そこは賛同できない月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます