つまみぐい。

いつものバス停にて――


「う〜みゅ……バイオ7のド〜ガいっぱいあるなぁ〜……」

イブキがゲ〜ム系の話題を探しながら、そんな事を洩らす。


「すご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜くきになるけど、あしたハツバイだし……ガマン、ガマン」

動画がサムネをチラチラきにしながら、そんな事を言っているイブキの隣では、


「むむむむ!」

月夜がなにかの記事を読みながら、むつかしい表情をする。


「どったの?」

そう言いながら、月夜の見ているスマホ画面を覗き見るイブキ。


「インショクてんでのツマミぐいは、ショ〜ヒンのセット〜にあたるバアイがある?」

画面にでていた文字をそのまま読み上げる。


「――って、まさか月夜っ⁉︎」


「ち、違うわよっ! なんで、そんな目でみるわけ?」


「だって、まえから月夜がインショクてん――コスプレきっさだっけ? でウェイトレスなんかできるワケないのになぁ〜……っておもってたし、月夜に『まて』とか『おあずけ』なんかできでしょ?」


「ウチって犬と同レベルっ⁉︎ コスプレ喫茶じゃなくて、たまの仮装する軽食屋。それにウチは摘み食いなんてできないわよ」


「えっ! なんで?」


「面接のときに「どれぐらい味見していいですか?」って聞いたら厨房立ち入り禁止になっちゃし」


「……よく、やとってもらえたね」

呆れ顔でそう洩らすイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます