ロ~ルちがい。

 いつものバス停にて――


「マイニンテンド~ストアにアクセスシュ~チュ~がめんのセンスがイイとヒョ~バン?」

 イブキがゲ~ム情報の中にあった一風変わったそんな記事に興味を抱いた。


「お~! カワイイ、カワイイ!!」

 記事を開き出てきた画像――タワ~のような建物に襲い掛かかろうとしているゴジラっぽい生き物を全体的にデフォルメしたモノ、を見ながらそんな声を上げる。


「このタワ~はキチキョクをあらわしてんのかな? だったらつながんなくなってもシカタないね~」

 画像を見ながら、そんな事を洩らすイブキの隣では、


「んふふふふ♪」

 なにか良い事でもあったのか、そんな声を洩らす月夜。


「な、なに? ブキナこえだして」

 月夜の笑い声を聞きとめたイブキがドン引きしながら、


「誰の声が不気味よっ!」

 そう言い返してから、


「これよ、これ――」

 そういって『ジャ~ン!』と見せてきたのは、


「なにこれ?」


「近くにセブンが新しくできたんだって、そこで開店記念に『やわらかロ~ル』の無料配布をしてんだって! どんなロ~ルケ~キなんだろ? 今から楽しみ」


「へェ~。イブキさんもいこっかな」


「味選べんのかな?」


「チョコとかイチゴとかるといいね~」


 そんな二人は帰り道、真顔でトイレットペ~パ~の『やわらかロ~ル』を持って帰宅する事になるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます