そこはそれ。

 いつものバス停にて――


「ガンダムバ~サスのベ~タテストかいしかぁ~……オ~ボしてみよ~っかな~?」

 イブキがゲ~ム情報の中にあった、そんな記事に興味を示した。


「ト~ジョ~きたいはっと――おぉ! ガンダムとZはニンキだからフツ~にでるとおもったけど、ZZまででるんだっ!? やっぱしハイメガキャノンうつとうごかなくなんのかな?」


「タ~ンエ~はでないのかな~? ヒゲガン、ヒゲガン。イブキさんヒトがあんまつかわないよ~なモノがスキなんだよね~」

 イブキが自分の趣味嗜好を語っている隣では、


「なここれっ!?」

 月夜が突然声を上げる!


「見てよ、これ」


「ん~?」

 イブキの前に差し出されるスマホ画面には、


「ネコ?」


「――の肉マン」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を見せてきた。


「ツンデレにゃんの形をした肉まんなんだって」


「へェ~……こんなんあるんだ」

 と、イブキもほしいかもと思うぐらいのビジュアルだった。


「でも、こんなにカワイイとたべらんないネ」


「えっ! 何言ってんの食べ物だよ。コレ」

 イブキの言葉に真顔でそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます