ぷりん。

いつものバス停にて――


「ま、まるごとプリンまんっ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな商品紹介に驚きの声を上げる。


「 う〜ん……中華マンは好きだケド、プリンかぁ〜……プリンまん……」

月夜がなんとも微妙そうな表情で、


「プリンおいし〜じゃん!」


「プリンは美味しいケドさぁ〜……」


「そのおいし〜プリンがダイコ〜ブツとガッタイしてんだから、なにはフマンなのさ?」


「いや……単純に合わなくない?」


「そこは、ホラ――カスタ〜ドまんってかんがえればおいしくいただけるかもよ」


「別の物を考えないといけない時点でダメじゃない?」


「ちがうモン! プリンはセ〜ギだモンっ‼︎」

月夜の物言いにも揺るぎないイブキのプリン愛だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます