てくのろじ〜

いつものバス停にて――


「ふむふみゅ……ヒトをつりさげてとぶドロ〜ンばくたんかぁ〜……これアマゾンのボ〜さんびんでつかってくんないかな〜? おそらからドロ〜ンにつりさげられたボ〜さんがオキョ〜となえながらやってくるとか、かなりインパクトあるよっ! もうしこみサット〜するよっ‼︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読みながら罰当たりな呟きを洩らす。


「ふ〜む……ほかにはNASAがインセキのハカイにカクヘ〜キをケント〜……」

そんな数あるテクノロジ〜系のニュ〜スの中に――


「おっ!」

イブキはちっさい手に馴染まない大型スマホを操りながら、妙な話題を発見する!


「ピザチェ〜ン……タイリョ〜のチュ〜モンに2ジカンいじょ〜のチエン、いちじネットチュ〜モンのサ〜バ〜ダウンもっ⁉︎」

イブキがその記事を映した画面を見せながら、


「そ〜いえば、月夜もキノ〜、ピザたのむっていってたよね? もしかしたら月夜がタイリョ〜のオ〜ダ〜いれたからサ〜バ〜おちたんじゃない?」


「……うん。ウチが一人ピザパ〜ティしようと思ったらダウンした」

月夜が目の幅と同じ涙を流しながらそんな事を言うのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます