しんエリア。

いつものバス停にて――


「岡崎市のソウルフ〜ド?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に興味を惹かれる。


「ソウルフ〜ドって言葉に弱いよね〜……意外な物が多いケド、食べてみるとおいし〜ものよね〜」

そんな事を洩しながら、記事を読み進めるために画面を下へとスクロ〜ルさせる。


「コ〜ンのはいった玉子とじウドン?」

月夜は中華のコ〜ン玉子ス〜プにうどんがはいった画像を見ながら、


「へぇ〜……思ったより全然良さそう!」

画像を見ながら、そんな事を言っている月夜の隣では、


「ユ〜エスジェ〜にニンテンド〜エリア!」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に驚きの声を上げる!


「なにがあんだろ〜? マリカ〜はほし〜よね〜」

そんな事を言いながら、考えこむ。


「ルイ――みどりのヒトのマンションおばけヤシキとかおもしろいとおもうなぁ〜」


「そんなモンないっ!」

月夜が背後に髭の長い人物を浮かべ、そう言い切る。


「マ◯オっていったらラバ〜カップでたたかうアレでしょ!」


「月夜……あれはコ〜シキてきにはなかったコトになってるから……」

黒歴史を掘り返してでもホラ〜系が苦手の月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます