あどばいざ~

 いつものバス停にて――



「ふむふみゅ……ペンション・シュプ~ルのサンゲキふたたびかぁ~……」

 イブキがゲ~ム情報を見ながら、そんな事を洩らす。


「う~ん……」

 開発画面の画像を見たイブキは難しい顔で呻く。


「しっかりとキャラつくちゃったのかぁ~。カゲエだからあおもしろかったブブンもあるのになカマイタチは――」


「ほ~ほ~。しんシナリオはリュ~きしさんがタント~! これだけでもかうカチありそ~」

「開発スタッフを見ながら、そんな事を言っているイブキの隣では、


「う~……なんかいイイアルバイトないかな!」

 月夜が求人アプリを見ながら、


「お! なんか良さそうなあるっ!!」

 月夜のそんな言葉に、


「なになに? なんかおもしろいコトあったの?」

 イブキが月夜のスマホ画面を覗き込む。


「ネットの炎上対策だってさ」


「へェ~……って、月夜そんなコトできんのっ!?」


「できるわよっ! 適格なアトバイスをしてあげればいいんでしょ?」


「そ~だけど、エンジョ~をけすのってかなりむつかしいよ」


「ふふん♪」

 ドヤ顔の月夜は手を『b』の形にしながら、


「『気にするなっ!』って言えば、ネットの炎上なんてほぼほぼ解決!!」


「してないよっ!」

 月夜の大胆かつ無意味なアドバイスにそう言い返すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます