たいお〜

いつものバス停にて――


「おそ◯さんのハイブリットオデン味がベビ〜スタ〜になって登場? ちょっとブ〜ムも過ぎた気がするケドなぁ〜……でも、ハイブリットオデン味ってなんだろ? ウチはあのオデンのキッチンカ〜がハイブリット車だからハイブリットオデンって名前だと思ってたんだケド……」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「へぇ〜……煮干し、昆布、カツオのダシを配合してるからハイブリットだったんだっ!」

月夜が記事に書かれている内容に驚いている、隣では、


「ついに……ついにキョ〜VRがくる〜♫」

イブキが上機嫌でそんな声を上げる!


「とりあえず、まずはソ〜チャクからの「スパイダ〜マっ!」してからソフトだよね。もうでてるやつあんのかな?」

そう言いながらスマホで調べるイブキ。


「ふむふみゅ……わりとムリョ〜はいしんおおいなぁ〜ミクさんのライブやダンガンのガッキュ〜さいばんをVRたいけんとか……」


「食べ物をいっぱい食べる系のはないの?」

途中でそう口を挟んでくる月夜。


「……月夜。VRはあじまではさいげんできてないんだよ」


「そ〜なの? ウチの知ってるアニメじゃ味も再現してたよ。できないんじゃ大した事ないね〜」

そういう月夜は後日、猫になって家中を破壊するVRゲ〜ムに夢中になるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます