そ〜ぞ〜

いつものバス停にて――


「ぬ! ランカ〜ほ〜しゅ〜にギンガくるのかっ! これでイブキさんの『ちょ〜ギンガだん』に2コのギンガがハイビされんだっ‼︎」

ゲ〜ム情報を見ていた、イブキがそんな事を言いながらはしゃいでる隣では、


「麺屋武蔵で松茸ラ〜メンっ⁉︎」

月夜が歓喜に満ちた声を上げる!


「松茸はいってんのかな〜? はいってるよね? あぁ……どんな味わいなんだろ……」

陶酔しきった瞳でグルメ系アプリに載っている画像を見る。


「う〜ん……昨日食べた天一がドッロドッロのコッテリス〜プが味の邪魔をしてくるっ!」

頭を抱えながら、そんな事を言う。


「そんなにきになるなら、たべにいけば?」

悶絶する月夜にそう声をかけるイブキ。


「遠いんだモンっ! だから、なんとか想像で食べれないかと――」

そう言って画像を食い入る様に見つめる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます